FC2ブログ
ハビタットで、おうちを建てよう
Habitat_メイン



今日はNPOの記事を読んだ感想を書きます。
ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン」。

初めて聞いた名前赤いチューリップでした。


写真についたコピーが響いたの。


日本に生まれる格差社会。
ネットカフェに広がる難民とは違うけれど
似たところもあるし、今後
本当の貧困の中で生きる人は、家もなく
自立したくても、すべがないところまで
近づいていってしまうのではないかと
ちょっと寒くなっていわ。


大金を握った人間も分からなくなるけれど
生活を失った人間も分からなくなってしまう。



家が定まらない、生活が最低限でも行えない環境
からだを伸ばして眠れない毎日を想像するだけで
まず、余裕がなくなっていく。
それから、体を壊す原因を日々生んでいく。


年金をまじめに支払っているけれど
もらえるかどうかも分からない。
年老いて生まれた問題を抱えたご年配も多く
私たちも少なからず、同じように震えている。


Habitat_おうち1



地球温暖化興味を持つ人も増えてきている。


温暖化のこと、年金のこと、拉致問題やら
学校の問題まで、なんでそんなに解決しないのかな。

使い込んだ人たちが弁償していたら
国に貯蓄があるからと、国民を助けられるはずなのに。


ニュースで、Cool Bizで涼しく過ごす事より
温暖化に感心が向いている人数が
昨年より、かなり増えたそうなことを言っていたわ。


下の者は、人知れず小さな活動をして
地球を考えるしかないけれど
次から次に、海風をふさぐように建てられる
高層建築物を作る人たちは、考えているのだろうか。

NPOが活動している場所で貧困にあえいでいる
国の上の者は、国民が何人いて、何人家があるか
正確な数は知らないかも(;_q)しれないよね。


海外で輝く―シニアのための国際ボランティアガイド 海外で輝く―シニアのための国際ボランティアガイド
国際協力出版会 (2007/02)
国際協力出版会
この商品の詳細を見る



国に守られているのではないのか?


安倍首相の叫びが、どこまで修正が出来るものか
見守るだけでよろしいのだろうかと思う。

私は、気持ちは賛同できるけれど
海外へ飛んでいくパワーがないのね。
考えているうち、ちょっと凹んできちゃった(>_<)

バブリーな頃を思い出すと、あの頃なら
いろんな活動が出来たかもしれない。
お金だけではなくて、行動に関しても。

こういう時代におかれないと気づかないってのも
悲しい限りだけれど、活動を知ったことを
長いけれど、少しでも広まればと思う。



Habitat_おうち2



やさしさと助けと心がいっぱい。


助け合って生きることを知った人たち
取り戻そうと動き出した気持ちに押されて
ちゃんと屋根のあるおうちで暮らそう。


海外の、貧困にあう人と一緒にコミュニティを作って
まずは生活の拠点を作り、共にを流し
共に考え、持っている知恵や技術を伝えながら
形にしていく働く喜びと、作り上げる喜びを
伝えるだけでなく、分かち合っている。


海をこえるボランティア先生―青年海外協力隊から見た世界 海をこえるボランティア先生―青年海外協力隊から見た世界
協力隊を育てる会 (2002/04)
協力隊を育てる会
この商品の詳細を見る



作り上げたコミュニティは世界中で、24分に1軒。


創立から30年、世界100カ国に広まり
シンプルで、丈夫、そして低価格のおうちが
人間の力で耕されて吹き込まれている。

そして、得たおうちで暮らしながら
やっと整った環境のおかげで働く気持ちに向いてくる。
少しずつ働いたお金で、無利子・無担保ローンで
ハビタットに返済していくので
自分のおうちとしての意識が強くなり
守らねばならない者の為に力も沸いてくるわ。

突然、雨が降ったときに思う。
全く雨宿りする場所が見当たらないとき
せめて、小さな屋根がそこにあったら。



私のように日本にいながらならばという方は‥。


応援できる形を見つけていこう。
きっといつか私たちも助けてもらう時が来る。
しらんぷりされたら、どうしますか?
自分をその立場に置き換えてみると
切ない気持ちなる‥その気持ちがまず大切よ。


1日100円からできるおうちのスポンサーシップ
ハウス・サポーター・プロジェクト

それから、ハビタットを知る、触れる、楽しむ「イベントカレンダー」。
活動報告を見れることは、感動です(;_;)q
2日の東京YMCAのバザーに行きたかったわっ。


海外で建築ボランティア
仲間とチームを組んで1 週間、建築ボランティアグローバルヴィレッジ(GV)
一人でも気軽に参加できる:タイ建築ボランティア9日間
元アメリカ大統領と世界中のボランティアが大集合:JCWP 2007 in LA

日本でも、こんな生活が苦しいと本当の格差で
泣いている人がいるのに、住宅も値下がりしない。
働きたくても仕事を選んでいるワケでもないのに‥。
いろんなことで、まず現状維持がどれだけ
踏ん張っている人が多いかって思うわ。



スポンサーサイト



Copyright © joyful apple.. all rights reserved.