FC2ブログ
ストレスを吸う石‥アラゴナイト
★☆ 石との関わりって長いかもしれないわ。


私の体験からなのですが
両親は石が好きで、その血なのか
小さい頃、きれいな石を集めて
お部屋にある小さな入れ物に石いっぱいw

父は飾る石とアクセサリーを
母はアクセサリーとして
両親は、パワーストーンが好きな家庭。

私も物心ついた頃には本物の
小さい石だったけれど好きな石を
選んで、それをお誕生日に戴いた。


祖母の形見もパワーストーン
女の子なら普通にあることかもしれないね(^_-)☆


★☆ 石は、生きていると知った時のこと‥。


自分からパワーストーンの力を感じて
集め出したのは社会に出てからで
特に驚いたのがアラゴナイトでした。

ストレスや悩みを抱えて、なかなか
それが離れない‥という頃に相応しい
アラゴナイトを手にいれて、毎日握っていたら
黄色くて、きれいな色が濁り出した。

「ええ??
 こんなことあるの?!」


毎日溜息ついて手のひらにつけてただけで
濁って輝きを失うなん‥‥と初めてのことに
驚いてしまったのでしたぁ。

それから、ちゃんと石にあう浄化の仕方や
本来の力を知りたい…と石を見るようになったわ。
まだ繰り返しそれを知るばかりだけど。


★☆ リオ・アラゴンで発見された山吹色の石。


1788年のスペインで見つけられた
アラゴナイトの強い力に感動です。

石は、いつも同じ場所で休ませること。
これはベッドルームと同じ役割で
うちのパワーストーンたちは休んでます♪

今日は、そういうパワーストーン
本来の力や特徴を解説したページもある
パワーストーンサイトをリンクしておくね♪

新宿御苑にあるので、お花見の帰りに
立ち寄れるね、雰囲気あるお店です。
『バランガンストーン』、素敵よ。


あなたの手持ちのパワーストーン
本来の力を知っているのかしら?


(c)joyful apple
スポンサーサイト



資格を取れたらいいな‥と思う
★☆ 人の気持ちを聴くのは「生きた時間」。


介護のお仕事について、最近考える。

親族が「要介護」になった時に
とても不安になったことや協力の仕方が
判らなくて、パニクッていたこととか
それから喋ることが不自由になって
握力が入らなくなってきて、歩行が
ままならなくて慌てていたのは周囲より
本人だったことを忘れてしまったこと。

一緒の土俵で溺れていたのに気づく。
あれは、どうしたら解決できただろう。

以前、親族をデイケアではなくって
ホームに入れるための相談をしに
ソーシャルワーカーさんにあったこと。
何も進んでない状態だったけれど
あんな風にお話を聞いてもらって
それでいて整理ができないまま1日が
暮れて行く彷徨い気味の私達に
提案をたくさんしてくれたことは救いだった。

それは、後になってそう思えたこと。
現場で溺れているうちは気づかない。

私もそんなエスコートが出来れば…なんて
この頃、よく考えているのです。
経験は浅いけれど、誰かのために
「役立ちたい」と思うようになってきたの。


★☆ 人の気持ちを聴くのは「生きた時間」。


お世話になった会社の社長がリタイヤし
再会を果たした時に、アルツハイマーに
なっていて、奥様と二人で現れた。

いつもと変らない様子だったけれども
会話が困難だった‥でも時々返るのよね。
私は親族が脳梗塞でまだ会話になったけど
ろれつが回らず、聞き取れないでいると
苛立って怒鳴った…悪循環でした。

なれるならば、奥様の助けになれる?
社長ともまた楽しくお話が出来るよう
何か助けになれないかと考えてしまった。

無力だと思うことは多いけれど
学ぼうと思えば、何かを学んで何かで
助けになれるんじゃないかと思った。

心理カウンセラー、やってみたい。
以前から思っていたことなのだけど
国家資格でないとムリなのか…と諦めた。
認定のなら出来るかもしれないなぁ。


(c)joyful apple
Copyright © joyful apple.. all rights reserved.