FC2ブログ
これまでの母の日に喜ばれたこと。
★☆ 母が好きな時間は、旅行と食事です。


若い頃に、日本全部を制覇しようと、
休みが取れると1週間や半月を費やして
仲の良かったお友達と、カメラと着替えを
持って、船旅、電車の旅、バスの旅をして
あちこちの地域に詳しかったのも
彼女が、どれだけその旅行に集中して
楽しんできたか、吸収してきたかを想わせる。

その旅行が、とにかく好きで春になると
「旅行に行こうよ」と、パンフレットなど
もらって来たり、テレビを見ながら
「ここがいい」ということが多かった。


敢て、ブームになって混み合うシーズンや
場所を避けて計画をしてきた旅行だけど
さすが母から生まれた娘である私(と誉めるなや)
母の日の為に、ふたり旅のプランを立てた。


プリザブドフラワー


★☆ 金沢への旅は、母は一度いったことがあったが。


母の日のために、ゴールデンウィークと
母の日の間の安い日にプランを絞った。

ガランとしている普通に時間が過ぎてる街。
空いていることは、母を疲れさせなかった。
そして、敢て母がいった場所に行くこと。

母は知っていることを、まるでガイドのように
詳しく解説しながら、楽しそうに話してくれた。
それを見るのが好きだった私。


そして、母が知らない、私も初めての
料亭でランチをしたのでした。
夜は、到底高くて、予約したとしても
母はひいちゃうので、ランチで手頃な価格で
味わえることが負担なく、お互いの心に
残ったこと、帰りは「またこよう」と
ふたりが言い合えたこと。

帰宅しても「良かったね」と何度となく
繰り返していってくれたことは私の喜びにもなりました。
母の日は、カーネーションを渡して
おうちで私が作る「母のリクエストメニュー」で
ゆっくり過ごした、あの年は
本当に印象に残る母の日でした。



(c)joyful apple


スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © joyful apple.. all rights reserved.