FC2ブログ
《動画》 老いぼれた牛は、お爺さんと長生き…



韓国で話題になった素敵な映画


牛の鈴音』を見てみたいと想った。

私は関心を持ったまま、オフィシャルサイトへ
アクセスして、カウベルの音に癒されていた。

遠足のお土産で買ったカウベルを未だ
大切に持っている私の心に響いてしまった。

老いぼれた牛と、お爺さんの30年。



長生きすることは喜ばしいことですが
たいへんなことも多くなってくるよね。

あの荒れた、働いた、肉厚の両手は
きっと温かいんだろうなーと想う。

最近、両親や親戚の叔父叔母の日々を
話したり、顔を合わせたりしてて
老いる」ことについて自分に問うことが
増えてきたことに気づいてしまった。





物にあふれて時間を失っている今…。


この映画は配給された館が少なく
少数の人のクチコミで広まったドキュメンタリー

「ないこと」「遅いこと」が許されない現代。

そんな自分じゃない頃を思い出している
私には、きっと「美しく温かい」時間を
より恋しくなり、今より勇気を出して
帰ることも少し許されたし…と前進できるかも。

ぶさかわストラップも、欲しい気もする(^-^)>

韓国語だと『ウォナンソリ』と呼ぶ『牛の鈴音』。
英語だと『Old Partner』と呼ぶ『牛の鈴音』。





“この映画を見て泣かない人はいない”


そういう映画を試しに見て我慢して泣かない人も
世の中にいるけれど、素直に心を運ばないと
壊れてしまうことで心の生活習慣病になってしまう。

私は、「牛の鈴症候群」と呼ばれる社会現象に
巻き込まれても構わないと想っている。

国内全国、12月ロードショーがはじまる。

韓国人15人に1人見たドキュメンタリ-は
日本人の何人に1人見るドキュメンタリーになるか。

「踊る大捜査線 THE MOVIE」(700万人)
「ロード・オブ・ザ・リング」(670万人)を上回るのか。

ドキュメンタリー映画が好きなので
とても楽しみにしている作品~(^-^)/


(c)joyful apple
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © joyful apple.. all rights reserved.